PREV| PAGE-SELECT | NEXT

≫ EDIT

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

| スポンサー広告 | --:-- | コメント(-) | トラックバック(-) | TOP↑

≫ EDIT

紅葉を求めて


10月中旬から天気と紅葉待ちをしていましたがやっと行けました。
例年は御在所へ行くのですが、今年は去年から決めていたヘブンスそのはらへ。


渋滞や駐車場待ちを避けるため超早朝出発。
道中日の出も見る事が出来て、さい先Good!
DSCF2676.jpg
幸い早朝出発の甲斐あってか渋滞も駐車場待ちもなく、ほぼ予定通りに到着しました。
少し肌寒い中、早速ロープウェイで山頂駅を目指します。
IMG_27320.jpg
IMG_27323.jpg
IMG_27325.jpg
色とりどりの山肌、きれ~きゃーと連呼しながらのロープウェイです。


IMG_27330.jpg
今は全体的にカラマツが見ごろのようで、一面黄オレンジ色の世界です。
青空にオレンジ色が映えて、とてもきれいです。


目的の『いわなの森』へ行くか、展望台へ行くか迷いましたが朝で寒かったので先ずは展望台。
リフト2台乗り継いで到着しました展望台。
天気は快晴なのですが、遠くの山は霞んでしまっているのがちょっと残念!
でも、きれいなススキや白樺(もっと違う名前でしたが・・・)が出迎えてくれましたにっこり
IMG_27348.jpg
IMG_27350.jpg


本当なら展望台から富士見台高原への遊覧バスを使用したかったのですが、WanがNGと言う事で本来なら展望台からの眺めを楽しんで、いわなの森へ行くはずでした。
でも・・・どこで予定が狂ったのでしょう?
なぜだか徒歩で富士見台高原を目指すことになってしまいました手書き風シリーズ33顔8
他にもパラパラと徒歩で目指している方々に感化されたのかも???
徒歩90分、往復だと3時間だよ? 
何度も家族に(諦めてもらうために)確認しましたが、なぜか諦めない姉と母かお
けkky


諦めさせるつもりが、私が諦めてしまい・・・えぇ、歩きましたよ。。。
IMG_27356.jpg
IMG_27357.jpg
こちらもカラマツがオレンジ色にきれいです。
そして森林の香りもあり、とても清々しい気分でスタートしました。


IMG_27397.jpg
きれいな景色を眺めたり・・・
IMG_27373.jpg
IMG_27377.jpg
道中の写真を撮ったり・・・
IMG_27378.jpg
IMG_27385.jpg
IMG_27365.jpg
のんびり歩いてそろそろ半部くらいきたかなぁ~・・・と思っていたら遠くに見える風景が変わってきました。
遠くの方に緑の山が見えてきました、目指す富士見台高原はもしかしてあのあたり?
IMG_27402.jpg
・・・ってか、まだめちゃくちゃ遠いじゃないか~~~~がっくり

のんびりなんて悠長なことも言ってられず少しピッチを上げて頑張ってやっと富士見台高原の麓の山小屋『萬岳荘』に到着しました。
トイレ休憩&喉を潤し・・・と思って上がっていくと美味しそうな梨が売ってました!
しかも剥いて食べている方が・・・もしかして剥いて貰えるのかと聞いてみたら包丁貸しますよ、との事。
Wan連れなので上がれない、と遠慮したのですが『そんなの連れてきたらいいよ』と思ってもみなかった優しい言葉をいただきました。
よくよく聞いてみると、その『萬岳荘』にも看板犬のモモちゃんがいて日向ぼっこ中。
だからとても寛大なお言葉だったのかな、とても嬉しかったです。
お言葉に甘え家族&Wanでとても美味しい梨をいただき、疲れも癒える思いでした。

そして今度こそ富士見台高原目指して出発です。
IMG_27417.jpg
IMG_27405.jpg
熊笹の群生する中、丸太の階段や砂利の敷き詰めた道を進みます。
なぜかここは元気に楽しそうに歩く、幸輝。
でも、散々歩いた人間の体には思いのほか堪えます~><
(雛姫&幸輝は疲れすぎないように途中途中抱っこしてました・・・)

10~20分くらい歩いたら、少し開けた場所に到着しまた。
ここが富士見台高原?と思ったら・・・どうもまだ違うようでぐったり。
最終目標の『富士見台高原』はもう少し先・・・。
IMG_27424.jpg
とりあえず休憩、はっきり言ってもう足腰ガタガタです号泣
IMG_27432.jpg
IMG_27438.jpg
ここは本当に爽やかな風が吹いていて、とても心地よかったです。
写真撮って休憩して・・・・そして家族会議(笑)

ここまで来たのだから、富士見台高原山頂まで行きたかったのですが、この後また展望台まで徒歩で戻らなければいけない私達。
ここではやはり無理はやめて、この景色で満足することにしました。

展望台までの帰り、母は荷物と共にバスで、姉&私&雛姫幸輝は徒歩で戻りました。
すれ違う人の多くが、雛姫&幸輝に「可愛いね」と声をかけてくださったり、
「頑張って歩いてるね」「私も抱っこして欲しい」「うちにもパピヨン居ます」と等々色々と声をかけてくれました。
こんな交流も疲れを癒し、元気付けてくれました。

無事に展望台→センターハウスに戻った頃には人間はもちろん、雛姫&幸輝もさすがにぐったり。
IMG_27465.jpg
IMG_27462.jpg
遅めのランチをして、当初目的のいわなの森を諦めて、のんびり帰路につくことに。

IMG_27470.jpg
IMG_27488.jpg
時間帯が変われば、同じ景色も少し違う色合いになる山。
身体の疲労感は半端ないですが、心はいっぱい満たされました。

来シーズンはいわなの森絶対行くわ!と心に決めて帰りました。

・・・ただ翌日以降の筋肉通が心配です・・・。

| ひな☆こうとお出かけ | 23:59 | comments(2) | トラックバック(-) | TOP↑

COMMENT

すごい、すごいキレイ!!
頑張って歩いた甲斐あって、素晴らしい景色とお写真ですねe-420
わたしだったら、まず登りません・・・e-351
早起きして頑張って歩いた後の景色、最高だったでしょうねe-266
紅葉、本当にうらやましいです!
わが家も早く見に行きたいですe-343

| jyutam | 2009/11/01 17:52 | URL | ≫ EDIT

☆★☆jyutamさん
綺麗な景色でしたよ~♪
近年家族で毎年山の紅葉を楽しんでます。
本当は京都とかの紅葉も行きたいのですが、渋滞や混雑が怖くて行けません。
jyutamさんのお宅方面、紅葉の名所がたくさんありますよね。
紅葉サイトでいくつか良いなぁと思った所がありました。
jyutamさんのブログでどこか・・・紹介されるのを楽しみに待ってます♪

| とも | 2009/11/03 00:27 | URL | ≫ EDIT















非公開コメント

PREV | PAGE-SELECT | NEXT

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。